ようこそ、生長の家広島県教化部のウェブサイトです。

FrontPage

新しき時代への準備が始まる。

生長の家広島教区教化部長 寺川 昌志

 合掌、ありがとうございます。
 新型コロナウイルスの影響により、各全国幹部研鑽会、青年会全国大会、宇治別格本山盂蘭盆供養大祭、9月の団体参拝練成会、教区での生長の家講演会が中止と決定されました。
 その中で、宇治別格本山より今夏の中止によって盂蘭盆霊牌はどのように供養されるのかの説明がありましたので要旨を紹介いたします。
 「宇治別格本山には昨年約410万柱の霊牌が届き、盂蘭盆供養大祭では7月1日から8月18日までに届いた131万余柱の御霊(霊牌)を招霊祭祀しています。一方、盂蘭盆供養大祭以外で招霊した御霊(霊牌)279万柱は、宇治別格本山の本部講師(補)、近隣教区の地方講師のご奉仕を頂き毎月2回、霊牌合祀祭(招霊の御祭)を行い、宝蔵神社の霊殿に合祀しております。本年は例年には行っていない7月と8月に霊牌合祀祭を行い、盂蘭盆霊牌を宝蔵神社の霊殿に祭祀いたします。なお、昨年の大祭で招霊祭祀された霊牌と霊牌合祀祭で祭祀され1年以上奉安された霊牌は、宇治別格本山の神官により浄火の儀を執り行い焼納いたします。」
 このように丁寧に対応されますので安心して昨年以上の盂蘭盆霊牌をご提出いただきますようお願いいたします。
 様々な行事は中止となりましたが信仰の灯は更に明明とした輝きを放って参りましょう。
 さて、このコロナの影響により、現在は生長の家ネットフォーラム(旧名称オンライン行事)が活発に開催されています。教区フェイスブック秘密のグループ『みんなきんさい「喜びの広島教区」』の登録者は181名(6/19現在)となりました。まだスマホを所有されていない皆様も是非所有をご検討ください。世界が広がります。何より嬉しくありがたいのは生長の家総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生が動画を連日のように公開くださることです。ウエブ環境を持たない皆様には先生方の動画をまとめたものをDVDで配布(有償)されることとなりました。教区各組織事務局に申し込みいただき、先生の御講話、そして自然の中での丁寧な生活に学んで参りましょう。
 私たちはこのコロナによる社会生活の変化を大きなチャンスと捉えて参ります。
 『実相の完全さは今「自分」と俱にある』
 われは神の子である。全智であり、全能であり、無限の生命力であり、無限の癒やす力であり、無限供給である。既にそれが現存するのである。その供給の本源を、今、今、今、自己の内に、自己の内に、今、此処に自覚するとき、既にある実相のそれらの諸要素が現実界に影を映しはじめるのである。若しその自覚が不完全であるならば、その程度に従って不調和な状態が消えないのである。実相の完全さは「今」自分と俱にあるのである。自分が実相である。自分が神の子である。無限生命を他より得るのではない。自分が無限生命なのである。無限供給を他より得るのではない。自分が無限供給なのである。(谷口雅春先生著『希望を叶える365章』215頁)
 既に新時代へのチャレンジが始まっています。この状況から良き世界を実現すべく人間神の子の真理を発揮させるには意識を足りないところでは無く既に与えられていることに向けて感謝することです。人類最高の教えに縁があった私たち信徒一人一人は最高に幸福です。その福音を多くの方にお伝えしたい熱情が「講習会運動」になります。
 「現象の行事」を今は活発には出来ませんが、「自然とともに伸びる生活」を大いに喜んで実践して参りましょう。再拝

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional